WindowsXPからWin7かWin8へのアップグレード

13

今、使っているパソコンのOSがWindowsXPの場合、そろそろOSのアップグレードを考えなければなりません。WindowsXPは2014年4月以降は使わないほうが良いです。

2014年4月9日にサポートが終了するためセキュリティ更新プログラムが終了してしまいます。

ということで、Windows7かWindows8へアップグレードが必要になります。

では、今使っているパソコンにOSがアップグレードできるのかを検証する必要があります。

--------Windows8のシステム要件--------------

・PAE、NX、および SSE2をサポートする、1 GHz 以上のプロセッサ
・ドライブに 2 GB RAM
・HDD 20 GB の空き領域
・1,366 × 768 の画面解像度
・DirectX 9 グラフィックス プロセッサおよび WDDM ドライバー
・タッチ機能を使用するには、マルチタッチ をサポートする PC が必要

--------Windows7のシステム要件--------------

・1 ギガヘルツ (GHz) 以上の 32 ビット (x86) プロセッサまたは 64 ビット (x64) プロセッサ
・1 ギガバイト (GB) RAM (32 ビット) または 2 GB の RAM (64 ビット)
・16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット) の空き容量のあるディスク領域
・Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectXR 9 グラフィックプロセッサ
----------------------

難しい文字がたくさん並んでいます。

難しいことを簡単にするために、パソコンを買った時期について考えましょう。システム要件に合うかだいたいわかります。

WindowsXPのOSがインストールされた、
パソコンを購入して5年以上が経っている場合→新しいパソコンを購入
 〃 3年以上が経っている場合 →Windows7(Win8)をインストール
 〃 3年未満の場合  →WinXPではなく、Win7がインストールされています。
    

というのが簡単に見極める方法です。5年以上使っている場合には、新しくパソコンを購入するほうが、長い目で見て使い続けることができます。

3年以上5年未満のパソコンですが、Windows8へもアップグレードできると考えます。ただし、RAM(メモリ)が1GBの場合には2GB以上にする必要があります。

ある程度の目安にしてください。

スポンサードリンク

安さを求めるなら
☆イオシス

1万円以上で送料無料なのも、さらにお得感アップ。