Windows7は大変な盛り上がり方

09

今日はWindows7の発売日

秋葉原では深夜0時に発売を開始したお店があり、イベントも行われていたという事で、それも大変な盛り上がりを見せているようです。

Win98の発売くらいすごかったみたいです。それだけWindows7は期待されているということでしょう。

私も期待しています。近くの電気屋さんで買う予定にしています。もちろん中古のパソコンにアップグレードインストールして動作の確認をします。

動作が快適かどうかとXPと比べてどこが速くなったのか確認します。

初心者の方はWindows7を買うのはまだ早いです。時期早々です。

それは、まだバグが残っている可能性があるからです。完璧ではないということです。

Windows7の発売前にベータ版などの発売前のソフトを公開してユーザーの声を吸い上げて不具合や使い勝手を修正していきます。

それでベータ版公開の後も修正・改良を加えて完成度をあげていき、発売前の製品リリース版を一般公開した後に発売します。

発売前の動作検証は、パソコンに詳しい人が使うのですが、発売後は多くの一般ユーザーが使うことになります。

すると、ベータ版などで検証したときよりもはるかに多くの動作の不具合が見つかることがあります。通常では使わないようなことをする人も中には出てきて、それが反映されていないためにバグとなってしまいます。

発売直後からわかる小さな不具合、バグ、使いにくさというものを、メーカーは、製品に反映させた修正版を出していきます。

ですので、発売後すぐに製品を買うとバグに出会う可能性が高いのです。一般の人は、ある程度の時期が経ってから購入するほうが良くなったWindows7を使うことが出来ます。

スポンサードリンク

安さを求めるなら
☆イオシス

1万円以上で送料無料なのも、さらにお得感アップ。